Tomcat インストール手順 - Windows編

 

2018年08月30日

 

 

Windows上にTomcatをインストールする手順について説明します。このページでは、以下の内容をスクリーンショットを用いて説明していきます。

  • Tomcatのダウンロード
  • Tomcatのインストール
  • Tomcatのアンインストール

 

目次

  1. 本ページで利用するチートシート
  2. 動作確認環境
  3. Tomcatのダウンロード
  4. Tomcatのインストール
  5. Tomcatのアンインストール

本ページで利用するチートシート

本ページで利用するチートシート
# Tomcatを今回配置する場所
C:\var\share\tomcat

# 環境変数 - CATALINA_HOME
C:\var\share\tomcat

# 環境変数 - JRE_HOME
C:\usr\lib\jvm1.8\jdk\jre

# Tomcatアンインストール時に削除するフォルダ
C:\var\share\tomcat

 

 

動作確認環境

本ページの内容は、以下の環境で動作確認をしています。

  • Windows 10 Home Edition 64bit
  • Apache Tomcat 9.0 64bit

 

今回説明する手順は、

  • ローカル環境用に環境を構築すること」を想定して説明します。

 

WindowsにTomcatをインストールする方法はいくつかあります。代表的な方法を以下のとおりです。

  • Tomcatのビルド済パッケージを使ってインストールする
  • XAMPPをインストールする(XAMPPの中にはTomcatが含まれています)
  • Chocolatey(パッケージ管理ツール)を使ってインストールする

 

今回は「Tomcatのビルド済パッケージを使ってインストールする」方法で説明します。

 

 

前提条件

  • Java(JRE)がインストールされていること。
    • Tomcat9.0を実行するためには、JRE(Java Runtime Environment)のバージョン8以上が必要になります。
    • このページの説明では、「C:\usr\lib\jvm1.8\jre」にJREがインストールされている前提とします。
    • JavaインストーラーでJREをインストールした場合、通常は「C:\Program Files\Java\jre1.8.0_xxx」にインストールされます。

 

 

Tomcatのダウンロード

  1. Tomcatのビルド済パッケージをダウンロードします。
  2. Tomcatのビルド済パッケージは、Apache Tomcat® ホームページ内のDownloadsページからZIP形式のファイルで手に入れることができます。
Tomcat ビルド済パッケージ のダウンロードページ
Tomcat ビルド済パッケージ のダウンロードページ
  1. ページには「32bit版」「64bit版」がありますので、自身の環境に合ったものを選択します。
  2. 今回は「64-bit Windows zip」の方を選択しファイルを適当な場所にダウンロードします。
  3. Tomcatのダウンロード手順は以上です。

 

 

Tomcatのインストール

  1. Tomcatのインストールは、ダウンロードしたZIPファイルを展開し任意の場所に配置するだけです。
  2. 今回は例として、以下の場所に展開したフォルダ(ファイル)を配置します。フォルダが存在しない場合は、新たに作成します。
Tomcatを今回配置する場所
C:\var\share\tomcat

※ 別の場所に配置しても、この後に実施する設定を正しく行えば、問題ありません。

 

 

  1. Tomcatインストール完了後のフォルダ配置イメージは以下のとおりです。
インストール完了後のフォルダ配置イメージ
インストール完了後のフォルダ配置イメージ

 

  1. Tomcatのインストール手順は以上です。

 

 

環境変数の追加

  1. Tomcatを起動するためには、以下の環境変数を設定する必要があります。
    • Tomcatは、環境変数を参照して各フォルダの場所を特定します。
    • 環境変数の編集は「コントロールパネル > システム > システムの詳細設定 > 環境変数」から行えます。

 

追加する環境変数
環境変数名 設定値の説明 設定値の例
CATALINA_HOME Tomcatがインストールされているフォルダ C:\var\share\tomcat
JRE_HOME JDK(バージョン8以上)フォルダ内のJREフォルダ C:\usr\lib\jvm1.8\jdk\jre

※ 「CATALINA_HOME」については、Tomcatの起動方法によっては不要ですが、設定しておいた方が無難でしょう。
※ 「JDK(Java SE Development Kit)」が未インストールの場合は、あらかじめインストールしておいてください。

 

CATALINA_HOME 環境変数ウィンドウ
CATALINA_HOME 環境変数ウィンドウ

 

JRE_HOME 環境変数ウィンドウ
JRE_HOME 環境変数ウィンドウ

 

 

Tomcatのアンインストール

  1. Tomcatのアンインストールは、展開したTomcatのフォルダを削除するだけです。
  2. 今回の場合は、以下のフォルダを削除するだけです。
Tomcatアンインストール時に削除するフォルダ
C:\var\share\tomcat

 

 

 

 

Programming Style